So-net無料ブログ作成
食べ歩き ブログトップ
前の10件 | -

カシスオレンジ [食べ歩き]

東京メトロが開催しているイベントがあります。毎月1駅が選出され、その駅の駅員がおすすめするスポットを回ってスタンプを集めるというもので、まあ一種のスタンプラリーなんですけど。

今年から開催方法が変わり、春季の開催駅が西葛西(江戸川)、飯田橋(新宿)、千駄木(台東)の3駅です。
というわけで、おいしそうなパフェを出すカフェ(らしい)が掲載されていた西葛西に行きました。


  ☆  ☆  ☆

cassis_orange_parfait.png
カシスオレンジパフェ(780円)。土台はカシスリキュール+オレンジゼリー。見た目がフルーツっぽいから黄桃かと思ったら全然違った…
アルコールが入っているので注文時に大丈夫か確認を取られます。いやまあそりゃそうだよなって話なんですけど。

ケーキの販売もしているので、パティスリーっぽい感じもしますが一応カフェみたいです。
ランチタイムの食べ放題メニューは女性が2500円、男性が3500円と男性のみ無条件で1000円増しみたいなので食べ放題以外のメニューを注文するのが無難かなと。


・フォーシーズンズカフェ (公式サイト)
Fourseasonscafe.png
住所:東京都江戸川区西葛西6-5-21
営業時間:11:00~21:00 (18時ごろにメニュー入れ替えのため退店になる場合がある様子)
定休日:水曜日(祝祭日の場合は翌日)
駐車場:近隣にコインパーキングあり
アクセス:東京メトロ西葛西駅から徒歩2分程度
nice!(0)  コメント(0) 

Snowbrand × Spring Parfait [食べ歩き]

札幌に行ったら絶対に行っておきたいパフェスポット:雪印パーラー本店。札幌のどまんなか、大通北2条にあります。

  ☆  ☆  ☆

1903_Yukijirushisapporo_ex.png
店舗外のショウケース。一応レストランなのでちゃんとした食事のメニューもあります。

1903_Yukijirushisapporo_menu2.png
公式ホームページの紹介にも掲載されていますが、某アイドル界隈で一時期話題に上がったジャンボパフェがメニューにあります。

1903_Yukijirushisapporo_menu.png
一方でテーブルメニューには神戸発祥というバターブレンドコーヒーの案内が。


  ☆  ☆  ☆

1903_Yukijirushisapporo_parfait.png1903_Yukijirushisapporo_parfait1.png
春限定メニューの『和み桜』(1,210円)とバターブレンドコーヒー。

1903_Yukijirushisapporo_Nagomizakura.png1903_Yukijirushisapporo_Parfait3.png
パフェ拡大。いわゆる和風パフェなんですが、パフェグラスは通常のトールグラスなので、見た目は西洋風。
中のには抹茶アイス、上には栗の甘露煮につぶあん、白玉と、なかなか徹底してきていました。とはいってもいくら桜の花があるとはいえやっぱり甘い系なんですけどね。だからこそ桜の花の塩気がいいアクセントになってるわけですが。
ホイップクリームの下のピンク色のクリームは桜クリームではなく桜餡です。こっちも塩気が良いアクセントになっていました。
奥の煎餅のようなものはクッキーに近いお菓子でしたが…名前が……


前述のバターブレンドコーヒーですが、確かに一般的なコーヒーと比べるとコクが強く、どっしりとしていました。バタークリームとホイップクリームの違いみたいな…?(説明下手)


・雪印パーラー札幌本店
住所:北海道札幌市中央区北2西3 1-31 太陽生命札幌ビル1F
営業時間:10:00~21:00
定休日:無休
駐車場:
アクセス:札幌テレビ塔・札幌時計台から徒歩すぐ・札幌駅南口から徒歩5分
nice!(0)  コメント(0) 

日光、味噌餅、ゆばむすび。 [食べ歩き]

1月に日光に行ったときのお話です。
栃木県の日光と言えば、まあ真っ先に思い浮かべるのはやはり日光東照宮ではないでしょうか。他にも街を歩いてみるとなかなか面白い発見があるものです。


  ☆  ☆  ☆

・三福だんご(白)
Mitsuhuku_dango.png
三福茶屋の店頭で焼いているお団子。これはくるみ味噌で1本350円。香ばしくて甘じょっぱくて食べ歩きには最適。 ※ゴミは持ち帰りましょう。
元々は高尾が発祥らしいこの餅、店頭のわらの土手の炭火の火鉢で焼いているのですが、なかなかにいい風体の店主が目の前で焼いてくれて、香りに酔いしれるひと時を味わう…


・ゆばむすび
Yubamusubi.png
三福茶屋から日光駅に向かって少し歩いた先、補陀洛本舗のゆばむすび。1パック400円で2個入り。お店のご厚意で店内で頂かせていただくことに。で、写真の状態。
おこわがもちもちでなかなかに美味しい逸品。湯葉は半生だけど食感はしっかり。たまたま看板のゆばむすびの文字に惹かれて入ったけど、なんかこれ1日50パック限定販売の割と貴重(?)なものだったらしい。電話予約ができるとのことなので食べてみたい方は予約もありかも?

ちなみにこのゆばむすびは栃木の漫画「ススメ!栃木部」でも紹介されていたんだとか。


・おまけのめろんぱん
Melonpan_Kanayahotel.png
JR日光駅前にある、金谷ホテルベーカリーで販売しているメロンパン2種。普通のメロンパンと、ゆずメロンパン。
ゆずメロンパンはゆずゆずしてました。


  ☆  ☆  ☆

・三福茶屋
住所:栃木県日光市中鉢石町917
営業時間:通常11:00~16:30、季節変動あり・売り切れ次第終了
定休日:なし(不定休)
駐車場:あり(3台)
アクセス:JR日光駅から徒歩20分強

・補陀洛本舗石屋町店
Fudarakuhompo_Ishiyamachi.png
住所:栃木県日光市石屋町406-4
営業時間:9:00~17:00
定休日:
駐車場:あり
アクセス:日光駅から徒歩5分

・金谷ホテルベーカリー&カフェ カフェ・ラ・セゾン
Kanaya_Hotel_Bakery.png
住所:栃木県日光市松原町1-7
営業時間:9:00~18:00 季節変動あり
定休日:なし
駐車場:
アクセス:JR日光駅目の前
nice!(0)  コメント(0) 

愛媛名物鯛めしを堪能する [食べ歩き]

まずはじめに。

愛媛県には、「宇和島鯛めし」と「松山(北条)鯛めし」の2種類の鯛めしが存在しています。昨年夏に四国に行った際に、両方の鯛めしを食べる機会があったので、ありがたーくいただいてきました。


  ☆  ☆  ☆

・かっこんでうまい!宇和島鯛めし
Uwajima_Taimeshi.png
こちらが宇和島鯛めし。一般的な鯛めしは、鯛を丸ごと米と一緒に炊くものですが、宇和島式は鯛を刺身のまま、タレと混ぜて、それをごはんにぶっかけて食べます。これがまたうまい!!
たれの中にはうずらの生卵が入っているので、たれの濃さもたまごのおかげでまろやかに。そして刺身は御造りとは違い、細切りにされているので、たれを混ぜる器のあの注ぎ口(?)から鯛の身も一緒にご飯へ流れ出てくれます。あの器は宇和島式鯛めしのために作られたものみたいですね、他じゃ見たことありませんし。
ごはんは御櫃に入っているので、好きな量を茶碗に盛り、そこにぶっかけて食べます。

…さて、ここまでの説明で勘のいい方はもうお気づきかと思いますが、これ漁師飯の鯛茶漬けにかなり似てるんですよね、まあ別物ではあるんですけど。

漁師飯の鯛茶漬けはすりごまをたっぷりとたれに加え、鯛の刺身をタレとよく和え、それを熱々の白米の上にのせて、そこにだしやお茶をかけて掻っ込むものです。かっこむって点ではかなり似通ってますね(無理矢理なこじつけ)


  ☆  ☆  ☆

・道の駅風早の郷風和里発!新感覚『鯛めしチャーハン』
taimeshi_chahan.png
こちらは一般的な鯛めしがベースです。鯛めしをチャーハンにしてみました!という、普通の発想じゃ絶対出てこないようなおメニューです。
「チャーハンなんかにしたら鯛めしの繊細な味わいがなくなってしまうんじゃ」なんて思いそうなこちら、しっかり鯛めしを感じられる逸品でした。もちろんチャーハンですし、味付けもされていますが、鯛のだしが濃いために、鯛めしの味もチャーハンの味に負けておらず、うまく調和していて非常に美味しかったです。愛媛の新名物になってもおかしくないような。一応鯛めしですし。
訪問時は実はまだ暫定的なメニューとしてしか出しておらず、具体的な値段が決まっていなかったようですが、本格的な販売を視野に入れていくそうでした。

ちなみに風早の郷風和里は、松山の北、瀬戸内海に面した場所にあります。開放感がたまらない道の駅ですので、松山にお越しの際はぜひ。


・かどや 駅前本店 (公式サイト)
Uwajima_Kadoya.png
住所:愛媛県宇和島市錦町8-1
営業時間: 昼・11:00~14:30 夜・17:00~21:00
定休日:大晦日・元旦
駐車場:あり(ただし狭いので満車に注意)
アクセス:JR宇和島駅から徒歩2分・駅前通り沿い


・道の駅風早の郷風和里 レストランふわり(公式サイト)
RS_Kazahayanosato_HUWARI.png
住所:愛媛県松山市大浦119
営業時間:11:00~15:00
定休日:毎週木曜日
駐車場:あり
アクセス:JR大浦駅から徒歩10分弱・国道196号線沿い
nice!(0)  コメント(0) 

12月の昼パフェ活まとめ [食べ歩き]

大阪ローカルのレストランをウメチカ(梅田地下街)で発見して

まあメニューにパフェがあったら入りますよねそりゃ。


  ☆  ☆  ☆

・ミツヤ洋食店
mitsuya_cheeseparfait.png
ニューヨークチーズケーキパフェ(750円)。意外とでかい…
これ最初食べ方に迷いましたが、最初に上に乗ってるクリームを食べてから、チーズケーキをもぐもぐ…でどうにか。ていうかなんで1ピースそのままのっかってるんだww
まあ美味しいのは当然としまして、どちらかといえば甘い系のパフェでした。同店のメニューには抹茶パフェやチョコレートパフェもあったので、そっちはもしかしたら甘さ控えめの苦い系パフェだったのかも?期間限定のいちごパフェもけっこう気になった。

mitsuya_parfait_menu.png
参考:同店のパフェメニュー


・いつものアレ
karafuneya_ichigoshort.png
いちごショートケーキパフェ(930円)、アイスコーヒー


・二月堂
nigatsudo_amatousan.png
きんモザ聖地巡礼奈良編の時にチラッと紹介したもの。美味しかったです。
東大寺境内ではありますが、二月堂なので一応拝観料はかからなかった…はず。かかったっけか…
この茶所はほかにもいくつかパフェメニュー(メニュー名ではパフェではない)がありました。気になる方は是非奈良まで。



・心斎橋ミツヤ ホワイティ梅田店(公式ホームページ)
住所:大阪府大阪市北区小松原町梅田地下街4-7
営業時間:7:00~23:00
定休日:なし
駐車場:なし?(梅田周辺のコインパーキングとか)
交通アクセス:大阪梅田駅から徒歩5~10分・梅田地下街

・からふね屋珈琲店 三条本店
・東大寺二月堂茶所
nice!(0)  コメント(0) 

Spicy Taiwan Noodle [食べ歩き]

とても美味しかったです。


  ☆  ☆  ☆

Menya_Hanabi_Fujigaoka.png
名古屋といえば台湾まぜそばの発祥地。麺やはなびは台湾まぜそば発祥の店として有名です。ただ、市内中心部に店舗がなく、郊外に出ないと食べることができません(本店は高畑)。…まあ郊外ってもそんな遠いわけじゃないんですけど。
今回行ったのは藤が丘駅から徒歩2分ほどの「濃厚担々麺はなび」。麺やはなびと同系列の店で、こちらでも台湾まぜそばを食べられます。実際に店内にいたお客さんみんな台湾まぜそば食べてた……

Menya_Hanabi_Taiwanmazesoba.png
台湾まぜそば(スタンダード、810円)
食券方式でした。店員さんが親切なので初めてでもそんなに迷うことなく食せました。

台湾まぜそばの最大の特徴は中央にどさっと乗っている肉みそ、そして味のアクセントになる魚粉。
デフォルトでたまごが入っているので多少辛さはマイルドになっているのかと思ったら意外と辛かった。
卓上にある昆布酢を投入するとこれまたマイルドなお酢が効いてほのかな昆布だしの味とともに辛さがマイルドになります。最初はそのまま、辛すぎたら昆布酢を入れるのがオーソドックスのようです。逆に辛さが足りなければ山椒や自家製ラー油を置いているので、それを投入して味の変化を楽しむのもまた一興。昆布酢とラー油を合わせるのもなかなかイケました。

そういえば、台湾まぜそばでは「追い飯」なるものがあって、だいたいしゃもじひと掬いくらいの量のご飯を無料でいただけます。で、これは麺を食べ終わった後の残ったタレに直接投入してもらうものなんですが、これがまたうまいんですよね…どうしてこううまいもんを思いつくのか。


名古屋に行ったら一度は食べておきたいグルメでした。



濃厚担々麺はなび FC藤が丘店 (麺屋はなび公式)
住所:愛知県名古屋市名東区照が丘1-3
営業時間:11:30~14:00 / 18:00~22:00(平日)・24:00(金・土) / 11:30~20:00 (日祝)
ラストオーダー:閉店10分前
定休日:毎週月曜日(店頭掲示)/毎週水曜日(公式HP)
駐車場:なし(駐車券提示でサービスあり、詳細は店頭掲示)
交通アクセス:地下鉄東山線・リニモ 藤が丘駅より徒歩約2分
nice!(0)  コメント(0) 

12月の深夜パフェ活まとめ [食べ歩き]

関西に行ってきました。大阪で2泊、京都で3泊。けっこうパフェを食べたなーと自分でも感じた旅行でした(目的を見失いつつある)

深夜パフェ活なので食べたパフェのうちホテルで食したコンビニスイーツのみの紹介です。


・い つ も の
1812MNparfait_1.png
なんかだんだん定番と化してきているファミマの窯出しプリンパフェ。

…いや、だってこれ一番確実に手に入るパフェだから…


・わかやまポンチ
1812MNparfait_2.png
日本橋の裏路地にあるファミマで偶然見つけた商品。和歌山大付属小共同開発ってのが割と気になった。
意外とこれ美味しかった。後になってよく見たらこれ果実に関しては全部和歌山の特産品だったのね。

ちなみに日本橋周辺はなぜかコンビニがやけに多かったです。ファミマは表通り(日本橋駅出口目の前)と裏路地(東横インの奥の道くらい)と2箇所ありました。ホテルから一番近いセブンにはパフェはありませんでした。なぜ…


以上、12月の深夜パフェ活でした。
nice!(0)  コメント(0) 

産地で楽しむ"碾茶" [食べ歩き]

9月、京都に行ったついでにお茶の産地を見ようということで宇治茶の一大産地である和束に行ってきました。茶畑の写真とかはまたおいおい。

和束町は、JR関西本線加茂駅(木津川市で和束町ではない)の北口から、奈良交通バスの和束町小杉行に乗って約20分で町の中心地に行くことができます。観光案内所は中和束で下車。片道運賃はだいたい500円程度。お釣りは出ないので両替をお忘れなく。

さて、町の公式サイトの観光情報にも掲載されていますが、ここは宇治茶という、日本茶の一大ブランドを支えているところだったりします。なにせ町の観光情報がお茶に埋め尽くされているくらいなので、どこを見渡しても視界に茶畑が入ってきます。

wazukacha_cafe.png
そんな町の中をてくてく歩いていくと、公園の中にけっこうよさげな雰囲気のお店があります。そこが『和束茶カフェ』、和束産のお茶を楽しんだりお土産に買ったりできるカフェです。


お土産はお茶で埋め尽くされているので置いておく。


wazukacha_cafe_menu.png
メニュー。けっこう充実しています。

wazukamaccha_crushedice.png
和束抹茶のかき氷(400円)
甘めの濃茶(?)をかき氷に食べていただきます(訪問時は気温がまだ高くかなり暑かった)。
けっこう甘めにされていますが、ちゃんと抹茶の香りもしますし、何より暑かったからその冷たさが体に染み渡る…w
このかき氷、抹茶のほかにもほうじ茶や煎茶、玄米茶なんてのまでありました。今思うとそっちを選ばなかったのが悔やまれる…。でも美味しかった。

tencha.png
急須でのむ碾茶(500円)
碾茶は、茶葉を挽く前の抹茶です。挽いて粉にしてしまうので、普通の煎茶と違い、茶揉みをされません。なので…

tencha_leaves.png
茶葉はこのようにくるっとせず、まっすぐ伸びたままです。茶葉をそのまま細かく刻んだような感じ。これでもちゃんとお茶は出ます。

味はというと……まあ普通の煎茶というよりは、抹茶に近い旨味、といったところでしょうか。明らかに煎茶とは香りも味も違いました。というかそもそも碾茶を飲めるだなんて思いもしなかったからある意味これは貴重な体験ではある。(※碾茶は通常流通しない加工前の茶葉なので、こういった場所でないと飲む機会は普通はありません)


wazuka_leaf.png
和束茶カフェ公式キャラクターなんて子もいました。かわいい。


wazukacha_pet.png
和束町で生産されたお茶は通常は宇治茶として流通しますが、町の中ではこのように和束茶のパッケージでお茶が販売されていたりします。


お茶が好きな方はぜひ和束へ。


和束茶カフェ
住所:京都府相楽郡和束町白栖大狭間35
営業時間:10:00~17:00
定休日:なし(ただし年末年始をのぞく)
駐車場:なし(車は入れない場所にある)
交通アクセス:奈良交通バス和束線和束町小杉行で『和束山の家』下車徒歩約5分
nice!(0)  コメント(0) 

清水で食べるわらび餅 [食べ歩き]

以前、グランデュオ蒲田(東京都大田区)の催事出店で、京都府京都市東山区の清水から、京だんごの専門店が出店していました。あいにく持ち合わせがなかったことと、京都に行く予定があったのでお店の名刺をもらい、いざ京都へ。

  ☆  ☆  ☆

京都駅から市バス206系統で清水道へ。バスを降り、産寧坂を歩いた先に店はあります。

IMG_8152.JPG
わらび餅盛り合わせ(洛水セット) 600円
左から黒糖、抹茶、プレーン。程よい甘さにすっきりとした洛水が気持ちいい。暑い夏にぴったり(なお訪問日は9月中旬)
そういえばこの洛水、どんなものだろうと思っていましたが、わかりやすく言えば冷抹茶でした。ただ、通常の抹茶では冷水に溶かすことができない(だまになってうまく混ざらないと日本茶の専門店で聞いた)ので、溶けやすいような工夫はされてるみたい。
この洛水は加糖もあり、そちらはわかりやすく例えればうす茶糖のようなものでした。
無糖も加糖もすっきりしていて飲みやすかったです。

さて、店頭で買って店の軒先(?)に座って食べることができるこちら、産寧坂の賑わいを楽しみながら食べられるので、ぜひ一度お試しあれ。


京だんご藤菜美 三年坂本店 (公式サイト)
住所:京都府京都市東山区清水3-338-39
営業時間:10:00~18:00 (清水寺の夜間拝観により変動)
定休日:年中無休 (臨時休業あり)
駐車場:なし
交通アクセス:市バス「清水道」バス停より徒歩 産寧坂途中
nice!(0)  コメント(0) 

武豊ゆたか寿し(和久井寿し) [食べ歩き]

しとしと雨が降る嫌な天気の中。名古屋を出発し、COMTECH SQUAREで行脚をし、湯~とぴあ宝で温泉に入りながら太鼓を叩き。

予定通り、大府駅から武豊線ワンマン武豊行に乗車、終点の武豊へ。目指すはTwitterで話題の和久井寿しこと『武豊ゆたか寿し』。

IMG_8440.JPG
まさかの和久井留美さんがお出迎え。いやぁ~いきなり期待を裏切ってこない武豊ゆたか寿し、非常に楽しみですね!

店内は座敷個室とカウンター。入って早々まさかの鞄を床にひっくり返すというクソプレイング。しかも超絶挙動不審客になっていてやばかった。目の前にいた大将も頭の中できっと「なんだこの客…やばい客が来てしまったなぁ」なんて思ってたはず。大変申し訳ございませんでした(震え声)

上寿司の盆(2000円+税)を注文。大将が声をかけてくれて助かった…(コミュ障)


yutakasushi_jousushi.JPG
メインの寿司盆。これ、写真ではわかりにくいけどネタがめっちゃ分厚い上に食べ応え抜群。お腹にずっしり。
何を考えたのか醤油さしのフタを外してそのまま床に落とすとかいう本気で頭がおかしいAHOプレイングをかまして完全に出禁を覚悟した10秒前。

yutaka_jousushi_d.JPG
デザート。すし屋でコーヒーを飲むのを体験することになるなんて思わなかったよわたしゃw
店内が純和風なのにメニューは微妙に西洋も混ざってるギャップですよ。しかも地味に和久井留美さん担当感が漂う店内…

そういえば店内に和久井留美さんコーナーがあったそうなのですが見落としてしまいました。やってしもた……………………


あとはゆたか寿しまでの交通について。

最寄駅は名鉄河和線の『知多武豊』駅。こんな駅です。名古屋方面から来る場合、跨線橋を渡って反対側の改札口を出ないと、駅北側の踏切まで遠回りすることになります。この知多武豊駅には全ての電車が停車するので、岐阜・犬山・名古屋(金山)方面からであれば河和・内海方面の電車に、豊橋・東岡崎方面からであれば神宮前乗り換えで同じく河和・内海方面の電車に乗れば勝手に連れてってくれます。わからない場合はとりあえず神宮前駅に行けばどうにかなります。
ちなみに中部国際空港セントレアからの場合、特急以下の電車で太田川乗り換えです。ミュースカイに乗ると別途太田川〜神宮前の往復運賃とミューチケットが必要になります。
JRの場合は武豊駅。大府乗換えで武豊線の終点です。名古屋からの直通も少ないながらあります。
JR武豊駅からだとお店まで15〜20分くらい歩くことになるので時間に余裕を持ちましょう。知多武豊駅からであれば10分くらい。
武豊駅からの場合、駅の目の前の道を直進、フェンスに沿って駅の南側を回り道なりに歩いて行くと名鉄知多武豊駅が見えてきます。

知多武豊駅からはひたすら線路沿いの細い道を歩いて行くと、小学校を越えた最初の道路の右手にみんな大好き武豊ゆたか寿しの建物が見えます。
道自体はわかりやすいので地図を見て頑張ってね
ちなみに武豊、知多武豊ともに武豊町コミュニティバスが出ていて、それの最寄りバス停は『アピタ西』です。コミュニティバスは1乗車100円だけど割と遠回りだから大きな荷物を持っていてあまり歩きたくないとかじゃなければ素直に駅から歩くのが懸命。バスは40〜60分に1本の頻度で走ってます。

さて12月にはナゴドでデレマスのライブですが、ナゴヤドーム(大曽根駅)からの場合、

大曽根→JR中央線or地下鉄名城線左回り→金山総合駅→名鉄電車→知多武豊、が一番わかりやすくかつ行きやすいルートではないでしょうか。JRであればそのまま金山から東海道線→武豊線と乗り継ぐのもあり
武豊線の場合、本数が30〜40分に1本と少なめなので時間に注意。名鉄電車であればそこまで気にするほどの本数の少なさではないはず。ただ行き先が多すぎて複雑なので、とりあえず「内海」行か「河和」行の電車に乗ってください。それが確実。

デレマスPの皆さん、和久井寿しで思う存分AR和久井さんと記念撮影をしましょう!!!


武豊ゆたか寿し (公式Twitter)
住所:愛知県知多郡武豊町字四畝3-1
営業時間:11:00~ (ランチ)
定休日:火曜日(祝日営業)
駐車場:あり(ただし小さめ)
交通アクセス:上記の通り
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 食べ歩き ブログトップ